お知らせ 春のお知らせ

弥彦むすめ

2018/05/28

新潟の夏、と言えばまずは枝豆!という方が多いのではないでしょうか?
新潟ではまだ春の五月の中頃から、夏も終わる九月まで、さまざまな種類の枝豆が途切れることなく出てきます。

先週からお出ししています、枝豆の一番手は「弥彦むすめ」です。
調理場さんにお願いして写真を撮ろうとしたら、すでに塩水に浸かっていました。

まだまだ身も小さいですが、お座敷まで運ぶ間に漂ってくる香りがたまりません。

検索をしてみたら平成26年の情報では、作付け面積は一位なのに、収穫量では三位、出荷量ではさらに下がって六位との事。収穫量、出荷量共に一位の千葉県は作付け面積では新潟の約半分程の様で、ちょっと驚いてしまいました。
自家消費量が多いらしい、とは聞いていましたが、数字で見ると改めてびっくりです。

同じようでいて、種類によってやはり味も風味も少しづつ違います。
かわいらしい名前の枝豆も多く、献立で確認するのが楽しみでもあります。

 

 

 

-お知らせ, 春のお知らせ