お知らせ 秋のお知らせ

竹あかり花あかり 

10月14日、15日で行われました「新潟竹あかり花あかり」。行形亭では14日のみの参加でしたが、お越し下さった皆様、本当にありがとうございました。
二日目は少し寒く感じましたが、初日は風もなく、そこまで寒くもなく、と丁度いい気候でした。毎年火をつけた端から風に消されるので、その苦労がないのには正直助かりました。
遅くなりましたが、せっかく写真を撮ったので何枚か載せさせて頂きます。

明かりをいつもより控えめに点け、藤棚の下はろうそくの明かりのみでした。見慣れた風景なのに、いつもと違う雰囲気というのは少しわくわくします。

六時前には齋藤邸さんの前には行列が出来、たくさんの人が待っていました。
大勢の人が歩いているのは見えていたのですが、門の写真を撮ろうと表に出てびっくりしました。なかなか無い光景だと思います。

仕事終わりに個人的に何枚か撮影してきました。
〇旧齋藤邸別邸さん

竹のオブジェや庭の木々が水面に写り込み、とても幻想的でした。足元をろうそくで照らされた庭、そこから望むお屋敷、またお屋敷の中から見るお庭、と本当に綺麗でした。ライブの篠笛の音色は、行形亭にもかすかに聞こえてきていました。

〇新潟分館さん



両館とも門の前に生け花と明かりが飾られていました。
お庭や床の間のライトアップは万華鏡のようなものなのでしょうか?どちらもくるくると色や形が変っていき見ていて飽きませんでした。床の間は紅葉した葉、お庭は2階の床の間に飾られたお茶碗のようでした。
こちらも琴のライブが行われていて1階のお座敷はお客様がみっしり、といった感じでした。
また良寛さまや会津八一に関する展示物も、行形亭でも所蔵品を以前展示しましたが、そのおかげかとてもおもしろく拝見出来ました。

普段夜になると人通りのない白壁通りに、たくさんの人が行き交う様子はそれだけで非日常、石畳に新しい街灯がまた雰囲気たっぷりでした。お越しになったことがない方も是非興味を持って頂けたら、と思います。その際には行形亭もよろしくお願い致します😄

-お知らせ, 秋のお知らせ